カテゴリ:パリダカ懐古録( 9 )

ダカール...

  ダカール! 
  ダカール、夢。
  ダカール、狂気。
  ダカール、論争。
  もう一度言おう、ダカール! 
  私と一緒に闘う時がきた。

                  - ティエリー・サビーヌ -


もう、ダカール・ラリーに夢を抱く若者(おじさん、おばさんじゃなく)なんて、
いないんでしょうね…。


・1988 10th PARIS - ALGIERS - DAKAR
e0020287_2157561.jpg

  砂漠には、匂いがあるんだよ…
                  - Yoshi -


[PR]
by yoshirally | 2009-01-15 22:55 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

リタイアはショパンの調べ... (3)

e0020287_22424168.jpg
▲カミオンバレーでリタイアしたステージを抜ける途中、横転寸前のサポート・カミオンのスタック現場に遭遇しました!TSOのドライバーとナビゲーターはすぐさま救出にまわり、われわれ荷台のお荷物たちは車から降ろされ、その救出劇を見守ることに。

e0020287_22433367.jpg
▲6輪駆動のTSO車両が、サイドからワイヤーで横転を食い止めます。

More
[PR]
by yoshirally | 2008-07-30 23:02 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

ファラオ・ラリーは僕のルーツです。

 「ラリー・モンゴリア」のスタートが来週と迫り、にわかに周囲があわただしくなってきましたが、先日それとは別に、今年のファラオ・ラリーのウェアについてご相談を受ける機会がありました。内容につきましてはまだお話しできませんが、今年もまた、私の中で“24年前”のファラオ・ラリーとオーバーラップしています。いま思えば、私の"EXPERIÊNCIA DE RALLY"(ラリーの経験・体験)は、まさにこのファラオから始まったのですから。

・1984 3th PHARAOHS RALLY
e0020287_12431282.jpg
▲(故)ガストン・ライエ氏を挟み、別人28号な私(左)と、お坊さんになってしまったというチームメイトのN氏(右)。ガストンとは、地中海を渡るフェリーの中で大盛り上がりでした!
レース後、2ヵ月先に控えたパリダカ参戦のために、な、なんと!ガストンたちの"BMW"を買い取ることに~???

More
[PR]
by yoshirally | 2008-07-30 21:56 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

リタイアはショパンの調べ... (2)

e0020287_1048793.jpg
▲「グラン・エルグ・オリエンタール」の悪魔の砂丘群。いたるところにスタックの跡が残されています。

e0020287_1049965.jpg
▲“カミオンバレー”と呼ばれる、リタイアしたエントラントだけが乗車を許されるMANトラック社製の8輪駆動(*80年代当時、カミオンバレーに助けてもらえるのは人命だけで、リタイア車両のピックアップまでは行われていませんでした。砂漠に置き去りにした競技車両は、自己責任において自らが回収するか、さもなければ火を放ち証拠写真を撮り、所有権を放棄するしか方法がありませんでした)。

More
[PR]
by yoshirally | 2008-07-29 22:29 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

リタイアはショパンの調べ... (1)

 昨年末に購入した"Canon PIXUS MP970"を使って、マウントしたカラーポジフィルムのスキャニングをかけてみたところ、予想以上にキレイに出力されるので、今後、ボチボチと昔の海外ラリー画像なんかをご紹介していこうかと思います。
まずは手始めに、私の鬼門でもある『グラン・エルグ・オリエンタール』(アルジェリア)から…

・1988 10th PARIS - ALGIERS - DAKAR
e0020287_10324633.jpg
▲風下側からのエントリーを強いられた、小さくシャープな砂丘群に、水も、体力も、気力も、すべてを奪い取られ、残ったものはわずかなガソリンだけ…。すでに後続車の姿もなく、僕らは砂漠のど真ん中で、あきらめてしまったんです……。このとき、コース上にはなんと、まだ200台以上もの競技車両がもがき苦しんでいたそうです(このステージだけで、パリダカ史上最多の163台ものリタイアが確認されました)。


[PR]
by yoshirally | 2008-07-28 23:12 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

むか~しむかしの「パリ・ダカール」でのお話し…

e0020287_23271109.jpg
▲ 写真右上がジャッキー・イクスの959、下がなんと私です!


意外と簡単にみつかりました!
フランスの週刊誌"vsd"に載った私のリタイア寸前の写真です('85年)。
2枚目の写真をよ~く見てください。
雑誌をデジカメで撮ったので分かりづらいとは思いますが、なんか変でしょう?
スタックしてるんじゃありませんよ。
そうです、R.タイヤがないんですぅ!
理由はスポンサー様の関係上書きませんが、なかなかリムだけじゃ走りづらいもんですよ。
おまけにアルミ・リムはすぐに減っていきますしね。

バネ下もへったくれありません。
このときほど、鉄リムが恋しかったことはありませんよ~。
今思えば、貴重な経験をさせてもらいました。

e0020287_23271956.jpg
▲ アクセルを握っていた右手を見てください。この時の心境を表しています…。

[PR]
by yoshirally | 2006-03-16 17:42 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

信じがたいお宝をちょっと公開?

さすがにブログで全貌はお話しできませんが、H家の家宝となりうるモノをご紹介。

このハーレム・パンツ、はんぱじゃないでしょう!?
そう、25歳当時の私のサイズに合わせて仕立ててもらったパンツなんですよ。
股下の部分が超ルーズにできていて、ロバだってラクダだって余裕で乗りこなせるように
なってます。
白いTシャツとスニーカーでも似合うようにと、なんと王女さまが生地から選んでくださったものなんですよ。
おまけに、ペア!!!
もちろん支払いはおつきの方が払ってくれました。
アルジェリアにある、とある街のマルシェ(市場)の仕立て屋でのできごと。

年を取ってもキレイだね…。
あぁ、グレース・ケリーを「おかあちゃん」と呼びたかったー。

e0020287_23223371.jpg
▲ 年代は異なりますが、'88年のパリダカTシャツと合わせてみました。

[PR]
by yoshirally | 2006-03-08 19:16 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

20年のタイムスリップ?

ひさびさに「ガルル」を買ってビックリ!!!
最近おじさん仲間で話題に上っていた創刊号(薄いよ)がなんとオマケでついてた。
なつかしいあんな顔やこんなバイク、今は無きショップなんかが載っててもう涙もの…。
だれか身内にモグラでもいるのか?と、思えるほどタイムリー。
まあ本編は・・・だけど、なんでも捨てちゃう私もこの付録だけは取っておこう。
なつかしい○○の広告がそのまま載ってるからね。
そうそう、いつもコメントくれる○○おじさんの編集後記もそのままだ!

e0020287_23172746.jpg
▲ ガルルが創刊される前年のパリダカ・グッズがあった!超キタナイので捨てちゃいそう…?(車検場で書類なんかを入れるバッグをもらった。)

[PR]
by yoshirally | 2006-03-07 18:57 | パリダカ懐古録 | Comments(0)

'80年代 なつかしのパリダカ・ステッカー

オヤジ連中は昔の話題が好きですからね、やっと並べて撮りましたよ。
ステッカー撮るのってけっこうむずかしいですねぇ。

この中では、やっぱり"vsd"(フランスの週刊誌?)が好きですね!
なぜかって?
ジャッキー・イクスよりも大きく誌面に取り上げられたから。
単純でしょう、そのうちスキャンしてお見せしましょうか?
私のはずかしい写真を…。
もう20年以上も経ってますから、悔しさも和らぎました。

e0020287_23122020.jpg
▲ DAFトラックのステッカーは、'88年直接ヤン・デローイからもらいましたー!!!(自慢)

[PR]
by yoshirally | 2006-03-03 16:16 | パリダカ懐古録 | Comments(0)