人気ブログランキング |

2005年 09月 04日 ( 1 )

土曜のお昼は、当然フェイジョアーダです!

e0020287_2114179.jpgブラジルでは、水曜土曜は「フェイジョアーダの日」になっています。
むか~しむかしの奴隷制度時代、ブラジル東北部にある農園などで働く人々が、ご主人様が食べない豚の足や尻尾、臓モツなどをフェジョンという黒豆と一緒にグツグツ煮込んで食べたのが始まりらしいです。
今では、シュラスコと並ぶブラジルの代表的な料理のひとつになっています。
(右の写真は、一般庶民が食べるその辺の食堂での定食。約300 円)

これがまた、前回書いたカイピリーニャとよく合うんですよ~。
店によっては、ランチセットのフェイジョアーダに、小さなグラスでサービスしているところもあります。
食べ方は、「アホース」と呼ばれるブラジルのアブラご飯に直接かけていただきます。
具材にかなりボリュームがあるので腹持ちがよく、まさにスタミナ食という感じです。

フェイジョアーダは、東京都内などにあるブラジル・レストランや、群馬や岐阜のブラジル人コミュニティに行けば味わうことができます。
これもまた、缶詰めとして現地で売っていますが、重たいので2~3個しか買ってきません。
なので、どうしてもブラジルが恋しくなった時に、こっそり出していただきます(在庫はもうありません…)。


こちらは、サンパウロでも有名なフェイジョアーダ・レストランのもの↓約5倍の値段!
アップで見るとグロテスクですが、見栄えの悪いものほどウマイです。
e0020287_21131627.jpg

by yoshirally | 2005-09-04 21:24 | ビバ!ブラジル | Comments(7)