2001年 02月 01日 ( 1 )

僕らが忘れてしまったもの…

 ものに埋もれたこの日本に生きていると、いつしか忘れてしまっていることがよくあります。たとえば、オフロードバイクに乗るには、まずヘルメット・ゴーグル・ウェア・ブーツ・ガード類。あと、「水を入れたキャメルバッグにツールも持った方がいいぞ!」なんて数え上げたらきりがありません。海外ラリーとて同じことで、高価な逆輸入マシンにスペシャルパーツをふんだんに組み込み、日本より輸送し、満を持して参戦する。まあ、予算に余裕のある方なら問題はないでしょうが、このご時世になかなかそんな方もいないでしょうね。でも、だからといって、自分の冒険心を目先の物欲でごまかしてはいませんか?物欲は満たされることなくすべてを飲み込んで行きますが、経験は生涯自分の財産となって心の中に刻まれて行きます。本当は、「海外に行ってみたい!」、「海外でラリーがしたい!」という気持ちを大切にしてください。

 決して、高価なステアリング・ダンパーをつけなくても、ハンドルがプロテーパーじゃなくても、ラリーには出場できます。そして立派に楽しめます。私はそのことをブラジルのライダーから学びました。金なんか賭けなくったって、面白いものは面白いんですよ!こんな時代だからこそ、もう一度原点に戻って考えてみてください。

 ブラジルのオフロードライダー達はみんなイイ顔をしています!
たとえ、泥にまみれたジーンズに穴のあいたスニーカーを履いていても……。

e0020287_22124699.jpg



[PR]
by yoshirally | 2001-02-01 22:17 | ラリー・レイド | Comments(0)