ハロー・アドベンチャー(バハ編) NO.1

【夏休み特別企画(?)第1弾】
今回は、皆さんにとっておきのお話をしましょう!

今から15年余り昔、我々にとって"BAJA 1000"がまだ冒険行だった頃のことである。
ふと、雑誌で見かけたバハの記事に目が止まり、何となく出てみたくなった。
早速、腕に覚えのある仲間を集め、酒を酌み交わしながらのミーティングである。
話の内容はいたって単純。

e0020287_1195736.jpg「BAJA 1000って面白いらしいぜ!」
「へぇ~、どんなところが?」
「もう、力一杯ダート走れて、おまけにビールがうまい!」
「あとは~?」
「そりゃ~、オネェちゃんだろ~!?」
「メキシコだぜぇ、メ・キ・シ・コ!」
「・・・・・・?」「・・・・・・!」
「ほな、行こかぁ~ !!!」
「決まりー !!!」

まあこんな具合。単純明快、アホである!
バハ・カリフォルニアの地は、オフローダーにとって“飲む、打つ、買う(?)”がすべて揃った聖地だった。

'90XR600を全て日本でセットアップし、信頼のおける輸送会社にロサンゼルスまでの運搬をお願いした。
ただ、送り先が決まらず困っている際、相棒が「アメホン(アメリカ・ホンダ)に知り合いが居るからあそこへ送っちゃおうよ!」などととんでもない事を言い出した。無茶な話しである…。
そんなプライベーターのマシンを、天下の「アメホン様」が受け取ってくれるはずがないと思ったけど、
結果的にはあっさりとOKが出て、現地では専用トラックの荷台にしっかりと保管してくれてあった(アメホン様のふところの深さに感謝 !!)。
あと、日本で準備した事といえば、スコアーへのエントリーぐらいでそれ以外はブッツケ本番だった。
ライダー4名、サポート2名、計2チームの参戦だったがメンツは揃っていた。
少数先鋭である !? バイタリティーがあった!何とかする力を持っていた! 
意気揚々日本を飛び立った(成田で余裕をかましていたら、出国検査が混んでいて飛行機を止めた !?)。
見るもの全てが新鮮だった。レンタカー会社ハーツのバスですら何度もシャッタ-を切るほどである。
完全に“おのぼりさん”状態。

問題はすぐに起こった。ベルギーから届いているはずのミシュラン・デザートとムースがまだ来ていないとのこと。いきなりやっかいな課題を突き付けられたのである。
                                                          つづく

写真は、Hot Wheels製の"TOYOTA BAJA TRUCK"です!開封すると価値が下がるらしけど、
お構いなしに開けちゃいました(バハ仲間に無理をいってもらったシロモノなのに…)。
イガピーさん、どうもありがとう !!!
e0020287_13562654.jpg

[PR]
by yoshirally | 2005-08-06 14:30 | ラリー・レイド | Comments(4)
Commented by たいちょ~ at 2005-08-07 23:46 x
これは初参戦の時ですね?
オイラも何時かは行こうと思い、ミーティング(飲み会?)には極力参加は
していたのを思い出します。
あの時いっしょに渡米してたら、二年目以降では体験できないアクシデントを
山のように体験出来たと思うと、恐ろしくも有り羨ましくも有ります・・・

Commented by yoshirally at 2005-08-08 00:51
'90年の初回は、ある意味一番印象に残ってますね。
ホテルも取らずに渡米して、Bチームとはメキシコ入国後はぐれちゃうし、プレラン途中にIMSタンクのピンホール発見してロスまで戻ったし、挙句の果てに私の入院…。
オモロかったり痛かったりで、盛り沢山でした。
あんな経験、もう二度とできないだろうなぁ…。
Commented by たいちょ~ at 2005-08-10 22:49 x
1度目より2度目、2度目より3度目と問題解決能力がアップするので、
同じようなハプニングが起きても慌てずに対処できてしまうかもしれません。
嬉しい反面 さみしいですね・・・
どういう訳か楽しかった思い出より、苦しかった思い出のほうが鮮明に覚えてます。
Commented by yoshirally at 2005-08-11 00:13
「何でもやったもん勝ち!」って気がします。
当時は相当きつかったけど、今となってみれば全ていい思い出。
爺さんになったら、同じ話を何度も繰り返してやりますよ~!
<< ジャンクが食いたーい! 僕らを魅了する、サハラの赤い砂... >>