「ビビンバ or ビーフ?」

 いつものデルタ航空で予約しておいたロサンゼルス便が、乗客不足のため大韓航空との共同運航便となり、機材も大韓航空の"B777-200"を利用することに(同じスカイチームのメンバーです)。まあ、LAX(ロサンゼルス空港)へ飛ぶんなら、サマータイムでも朝の8時台に到着するこのキャリアが便利なんですけどね!

 LAXまでは9時間ていどの飛行なので、14時55分の離陸後すぐに夕食のサービスが始まります。その夕食で、以前からウワサには聞いていた『ビビンバ』が登場しました!
なにやら、大韓航空はこの『ビビンバ』で機内食最高権威の“マーキュリー賞金賞”を受賞したとかで、これはぜひ食しておかなければなりません。

e0020287_20262194.jpg
▲左から、レンジで「チン♪」したあったかいご飯にナムルのセット、わかめスープ。

e0020287_20263370.jpg
▲ご飯をナムルが入ったドンブリに移し、チューブに入った焼きコチュジャンとゴマ油を混ぜていただきます。最近のエコノミー・クラスでは珍しいせとものの器に金属のスプーンです。
みなさんこのメニューを選ぶ方が多いようで、機内には「カチャカチャ」とビビンバを混ぜる音が鳴り響いていました(ビール・ワイン・ウイスキーなどの酒類はいまだ無料でした!)。
味の方は、エコノミー・クラスの機内食としてはなかなかなもんで、久しぶりに完食しました!

 なんと次の朝食メニューは、「お茶漬け」でしたよ!それはまたこんど。


[PR]
by yoshirally | 2007-11-19 22:19 | TRAVEL | Comments(0)
<< 大掃除中にて失礼... アラビアン・ナイトだ! >>