リタイアはショパンの調べ... (1)

 昨年末に購入した"Canon PIXUS MP970"を使って、マウントしたカラーポジフィルムのスキャニングをかけてみたところ、予想以上にキレイに出力されるので、今後、ボチボチと昔の海外ラリー画像なんかをご紹介していこうかと思います。
まずは手始めに、私の鬼門でもある『グラン・エルグ・オリエンタール』(アルジェリア)から…

・1988 10th PARIS - ALGIERS - DAKAR
e0020287_10324633.jpg
▲風下側からのエントリーを強いられた、小さくシャープな砂丘群に、水も、体力も、気力も、すべてを奪い取られ、残ったものはわずかなガソリンだけ…。すでに後続車の姿もなく、僕らは砂漠のど真ん中で、あきらめてしまったんです……。このとき、コース上にはなんと、まだ200台以上もの競技車両がもがき苦しんでいたそうです(このステージだけで、パリダカ史上最多の163台ものリタイアが確認されました)。


[PR]
by yoshirally | 2008-07-28 23:12 | ラリー・レイド | Comments(0)
<< リタイアはショパンの調べ...... 働くトラック! >>