人気ブログランキング |

ピンチの後には...

 米国のサブプライム問題に端を発する金融危機の影響が、ブラジル通貨のレアルにまで波及しています。8月上旬くらいまでは「1レアル=70円」近かった為替レートも、ここ1ヶ月ほどでレアルが急落し、今日(10/06)、ついに50円を割り込み2年前のレートに戻っています(今日の下げ方はちょっと異常で怖い…)。

 私がブラジルに通い始めた90年代終わりごろにくらべれば、まだ10円ほどレアル高ではありますが、それでもかなり下げました。「1レアル=50円」前後でレートが落ち着いてくれば、ASWやSJTの価格をもっと安くできるんですけどね!今後の為替相場に注目です。


by yoshirally | 2008-10-06 21:57 | ビバ!ブラジル | Comments(0)
<< 燃油サーチャージは固定ですか? ブラザー・セロニアスなひつじの... >>