「ICO」を勉強しょう!

 私がまだアフリカに夢中だった1?年前、ICOデジタル・メーター(電気的に車輪の回転速度を感知し、距離や速度を液晶画面に表示するラリー用メーター)など、ワークスマシンぐらいにしか付いていなかった記憶がある。今では国内でも簡単に手に入るようになったが、アメリカの現地価格から計算するとちょっと割高な気がする。(中には良心的な日本語マニュアルを付属してくれるショップもあるので購入時は要チェックだ!)

 基本的に電源の種類により2タイプあり、単四乾電池3本で稼動する「Rallye 2」と、外部電源(12V)又はボタン電池3個で稼動する「VR」とがある。どちらも機能はまったく同じで、Distance(距離)・Current Speed(速度)・Clock(時間)等を表示出来る仕組みになっている。

 操作はいたってシンプルで、あらかじめタイヤの外周サイズさえ入力しておけば、後は各モードへの切り替えをすべて手元のスイッチにて行える。ただし、メイン電源を「ON」にする時のみメーター本体のボトムボタンを押す必要がある。

 ラリーでは主に「Distance」表示を利用し、ルートチャートに記載されている距離との補正をしたり、ゼロリセットを行ったりする。それ以外の機能としては、速度モードに置いて最高速度を記録しているが、これはあまり他人には見られたくない(?)ので早めにリセットした方が無難かも知れない…。

 参考までに、ブラジルではICOのことを「イコ」と呼んでいます。

e0020287_21373852.jpg



[PR]
by yoshirally | 2001-01-19 21:40 | ラリー・レイド | Comments(0)
<< ナビゲーションシステムのレイアウト Windows CE マシンと... >>