<   2001年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

危険なブラジル !? (3)

 サンパウロでは、大小さまざまなFesta〔フェスタ〕(パーティー・お祭り・宴会などの意味)が週末に開かれています。そこへ車で出掛けて路上駐車する場合、「オレが見ててやるよ!」なんて言ってくる人達がいます。彼らは決して怪しい連中(?)ではなく、純粋に自分のテリトリー内(勝手に決めた!)に停まった車を、オーナーが帰って来るまで見張っているのです(ブラジルは非常に車の盗難や車上狙いが多いため)。帰りに、「車を見ていたんだから金をくれ!」との要求があった場合、50センターボ(約25円)~1ヘアル(約50円)程度を必ず渡しましょう。そうでないと、タイヤに穴が開いたりします!?

 あと、旅行者でよく見かけるのが、カメラやビデオを首からぶら下げて歩いている人です。これはブラジルに限らず海外では最も危険で、面倒でも撮影したら必ずバッグの中にしまいましょう。日本では当たり前の「ウォークマン」も、ブラジルでは若者達の格好の標的になってしまいますので注意してください。

e0020287_10435889.jpg



[PR]
by yoshirally | 2001-07-30 23:31 | ビバ!ブラジル | Comments(0)

危険なブラジル !? (2)

 日本人は、ブラジル人(特に下層階級の人達)にお金を持っていると思われています。前回もお話したように、もし、スリや強盗にあった場合は、「渡せ!」と言われたものはすべて渡した方が賢明でしょう。まったく持ち合わせが無く、なにも渡さないのもかえって危険なので、私の場合は、安物の財布にあげてもいい程度の紙幣を入れ外出します。どうしても大金を持ち歩かなければならない場合は、当然いろいろな場所に分散して持つのも基本ですね(腹巻き・靴・靴下など)。起きてしまってからでは遅いので、ブラジル滞在中はいつも気をつけてください。

 もうひとつブラジルでやっかいなのが、「ストリートチルドレン」です。ポルトガル語で「メニーノ・ダ・フーア」といい、一日中道でたむろして、道行く人に、「お金をくれ!」だの「タバコをくれ!」と物乞いをしています。なかには親が自分の子供に物乞いをさせているケースもあり、かなり深刻です。もし、ストリートチルドレンに、「お金をくれ!」と言われたら、「お金は無い!!」ときっぱりと断りましょう。小銭をあげている人をたまに見掛けますが、本当はなにもあげない方がいいと思います。政府もそのことを推奨しており、「お金は働いて得るもの!」という意識を植え付ける運動をしています。

e0020287_10373550.jpg



[PR]
by yoshirally | 2001-07-26 21:47 | ビバ!ブラジル | Comments(0)

危険なブラジル !? (1)

 よく、「ブラジルは危険だ!」とか、「治安がよくない…」という話を耳にします。確かに、平和ボケした日本と比較すると、危ないのはいうまでもありません。ただ、常に注意を払いながら行動していれば、まず(?)、問題はないでしょう。なにも考えずにダラダラ歩いていたり、街中で「ボー」っとしたりしなければ大丈夫だと思います。
 
 しかし、災害はいつどこで起こるかわかりません。もし、スリや強盗にあった場合は、“絶対に抵抗しない”でください。「金を出せ!」と言われたら、素直に従った方が利口でしょう。ヘタに抵抗すると、逆に危害を加えられる可能性があるので十分注意してください。近ごろの強盗は、まずピストルを持っていて、抵抗する相手には容赦なく発砲するそうですから。
もし、発砲事件に遭遇したなら、細心の注意を払いながらどこかに隠れ、一目散に逃げてくださいね!(あまりアドバイスになっていないと思いますが…)

 …だからといって、四六時中このような事件が起こっているわけではありませんので、あまり神経質になり過ぎる必要はないでしょう。ブラジル滞在を楽しく過ごす秘訣は、「ほんの少しの緊張感を、いつも忘れないこと!」だと思います。

e0020287_9561125.jpg



[PR]
by yoshirally | 2001-07-15 20:49 | ビバ!ブラジル | Comments(0)