カテゴリ:音楽( 4 )

10年ぶりのシャーデー

 ある意味、これも“旅の準備”なのかも知れません。
私の場合、人一倍「音楽と匂い」にその旅のイメージが印象付けられることから、
携帯する音楽にはいつも気を配っています。
近頃では、iPodにバンバン詰め込んでいけるようになったので、楽になりましたけどね。


■ SOLDIER OF LOVE SADE (奥は、94年発表のベスト盤 THE BEST OF SADE)
e0020287_130213.jpg
▲シャーデーが10年ぶりに復活したと知り、早速アマゾってみました。イイ!!
次回は、このアルバムがイメージするような旅がしてみたいです。
[PR]
by yoshirally | 2010-03-06 22:45 | 音楽 | Comments(0)

ある意味“ジャケ買い”かも...

・HOLLY COLE TRIO "IT HAPPENED ONE NIGHT"
e0020287_23274122.jpg
▲深夜のドライブなんかにピッタリな、ホリー・コールの初ライヴ・アルバムです。


 カリフォルニアのモハヴェ砂漠を訪れてからというもの、どうもあのイメージにシンクロする『ホリー・コール』(Holly Cole)のハスキー・ヴォイスに再度魅せられています。
なかでも、ヴォーカルにピアノとベースというシンプルな編成の"Holly Cole Trio"の時代がたまりません。真空管アンプで聞くと、これまた格別です!


[PR]
by yoshirally | 2008-05-19 22:21 | 音楽 | Comments(0)

砂漠の稜線が瞼に浮かびます...

e0020287_20553291.jpg
▲名盤"SHADAY"は右上。左上の"YEMENTE SONGS"は、アラビア半島西南部の国イエメンに伝わる歌をオフラ・ハザが歌ったコンセプト・アルバムです。


 ファラオ・ラリーも無事終わり、過去の記憶と重ね合わせて、ホッとひと息ついているところです。そんなときに決まって流す音楽はというと、惜しくも2000年にHIVでこの世を去ったイスラエル、イエメン系の歌姫「オフラ・ハザ」(Ofra Haza)がピッタリきます。

 1990年の東京音楽祭でグランプリを受賞した際の名盤「シャダイ」(SHADAY)より、「イム・ニン・アル」(Im Nin'Alu)をリンクしておきます。
きっと、あなたの目の前に、茶褐色の砂漠が現れると思いますよ!

Ofra Haza - Im Nin'Alu



[PR]
by yoshirally | 2007-10-10 22:51 | 音楽 | Comments(0)

確実にトリップできる3枚

(スンゲー、この1週間毎日更新だ!でも、もうネタ切れか…)

【Praia de Ipanema】
リオのイパネマ海岸。
プライア(ビーチ)を見渡せる小さなバー。
もちろんエアコンなどないけど、涼しい海風が吹き込んでくるフロントサイドの白いテーブル。
両足を海側に投げ出し、低く浅くプラスチック・チェアーに腰掛け、帽子のヒサシを少し下ろす。
キンキンに冷えたビールで喉を潤してから、カイピリーニャを「ちびりちびり」味わう。
つまみは、豚の皮を揚げた「トヘッスモ」だけで充分。
これ、"Yoshi的至福の境地"
この一瞬のために、24時間飛行機に乗り続けても構わないと思う。

音楽はもちろんボサ・ノヴァ。
「アントニオ・カルロス・ジョビン」なんかが有名だけど、日系ブラジル人である「小野リサ」の
ほんわかとしたけだるい歌声が心地よい。

この3枚のベスト盤はオススメ!
ただし、無気力になることは確か…。

左から、'98年 セレソン '00年 コレソン '02年 小野リサ・ベスト
e0020287_0365117.jpg

下の写真は、有名な「コパカバーナ・ビーチ」。
この3km西側に「イパネマ・ビーチ」がありますが、残念ながら写真がありません。
e0020287_0371030.jpg

[PR]
by yoshirally | 2005-07-12 00:51 | 音楽 | Comments(2)