カテゴリ:TOOL( 7 )

いまだ色あせないT.S.K.タイヤ・レバー

あくまでもYoshi的なお話し、人それぞれ好みややり方が異なるので一概には言えませんが…。

'90年あたりからずっと、「英国ダンロップ指定」の"T.S.K.タイヤ・レバー"を使っています。
もちろん、ミシュラン・デザートなどにビブ・ムースを組み込む際なんかも使用していますよ。
その筋(?)のオートバイ屋さんが、わりと好んで使っているレバーですよね。
私も約10年間は頻繁に使用し、その後は趣味程度の利用ですが、今のところ曲がりなどはありません。
その理由は、「冷間鍛造」という加工方法で作られたことによるもので、似たような形状をしているレバーでも強度面では差があるようです。
サイズ的に携帯用として持つには少し長めですが、作業性を考えると断然有利です。

参考までに、現在使用しているT.S.K.レバーのサイズを記しておきます。
・長さ:258mm
・重さ:173g
・スプーン部最大幅:27mm


ビードのすべりがいいように、スプーン背面をツルツルに磨いてあります(気分的?)。
e0020287_1922876.jpg

[PR]
by yoshirally | 2005-11-19 18:46 | TOOL | Comments(4)

ハーネステープをご存知かな?

近頃はかなり入手しやすくなったのでお使いの方も多いと思いますが、いまだに電装の処理なんかを表面ピカピカのビニールテープでやっておられる方への情報です。
もともとこのテープは、自動車やバイクのワイヤー・ハーネスなどに使用されているPVCテープです。
昔は専門の電材屋などに出向かないと入手困難でしたが、今じゃその辺の工具屋や大工センターなどでも手に入るようです。

ビニールテープとの違いは、何本かの配線を巻いてみると一目瞭然です。
厚みが薄いため素材に対してよくなじみ、重ね巻きしてもダンゴ状になりません。
おまけに時間が経ってもべとつかず、純正利用されているだけのことはあります。
値段はビニールテープよりも割高ですが、工具箱に一つ入れておきたいアイテムですね!
(絶縁には従来のビニールテープの方が有効です。)

今日はそのハーネステープを利用して、柿アドのカウル内ハーネス・チェック。
案の定、配線の被膜がこすれて中の銅線がむき出しになっている箇所発見!
さっそくこのテープで、センスよく(?)グルグルやっときました(銅線露出部は熱収縮チューブでカバー)。
KTMは非常に細いコードを使用していて、おまけに保護チューブもすごくケチっているので要注意ですよ。


電気化学工業製ビニテープ↓テープ表面のつや消しが目印です。
e0020287_15233791.jpg

[PR]
by yoshirally | 2005-09-10 15:30 | TOOL | Comments(6)

もし、今度セルトンエスに出るとしたら、こんなツールでいこう!

【もとツール・ジャンキーが選んだ究極の(?)携帯ツール(ラリー・レイド編)】
以前さらっとご紹介した携帯ツールですが、「もうちょっとちゃんと見せてくれ~」と友人からメールをもらったので、今回は更に突っ込んだ内容です。

前回のセルトンエスでは2度もパンクに泣かされたので、次回は必ずビブ・ムースにするという前提で選別してみました(DR-Z400E用)。
当然パンク修理に必要なツールは除外できるので、かなり軽量化が図れますね。
タイヤレバーなどの重量物が無い分、前回の1/4サイズを中心としたソケット構成から、オーソドックスで実用的な3/8サイズをメインとした堅実セットとしました。
決して高価なツールばかりではありませんので、なにかの参考になれば幸いです。
では、今回は頑張って1点づつご紹介します。まず、ヘタな写真左下から…


・ 純正 プラグレンチ(純正品が軽くて良いがトネの軽量プラグレンチも試してみたい)
・ T&B タイラップ(金属のロック・プレートが入ったタイラップと呼べる本物)
・ コーケン 3/8ソケット(6角)8-10-12-14-17mm(金のある人はスナップオン!薄い・軽い・キレイ)
・ PB L型ヘックス 5-6mm(ショートサイズにした方がイイな)
・ ホザン ニップルレンチ(必要のない片側はカットする)
・ スナップオン プライヤー 45CP(14cmの小型でもしっかり握れる)
・ ライツール 3/8軽量ラチェット(軽い上にクイックリリース式!)
・ スナップオン 3/8エクステンション(3インチ)(あると便利)
・ ライツール 軽量モンキー(200mm)(モンキーを持つんならコレ!)
・ PB 差し替えドライバー(+#2/-#4)(インサイダードライバーに変更しなきゃ)
・ ロックワイヤー(エアークラフト用)(小さな缶で買ってますぅ)
・ スタビレー コンビネーション(ショート)8-10-12-14-17mm(ライツールにしよう!)
・ 純正アクスルレンチ(軽くてイイ)
・ マグライト(2AA)(やまぶしみたいな頭につけるやつは嫌い!LEDユニットにしたい)
・ アチェルビス スペアプラグ・ホルダー(もはや定番)
・ カショー マルチツール(ロングノーズ・バイスグリップ・ナイフ・ヤスリ・金切りノコ他・シール御用達!)
・ アチェルビス チェーンジョイント・ホルダー(チェーングリスで汚れません)
・ MSR クイックスチール(本チャンはこの半分の量を持つ)
・ ダックテープ(お約束の芯抜きペチャンコ仕様)
● 総重量:2,008 g(乾電池・スパークプラグ・チェーンジョイント含む)

e0020287_2141493.jpg

「ツールなんて用がなきゃ軽い方がいい」に決まってますから、このセット↑もまだまだ改善の余地があると思います。
もし、更にこだわって軽量化を図るとすれば、スタビレーのコンビをライツールの肉抜き軽量コンビへ、PB L型ヘックスをショートのものに、PB差し替えドライバーを現行の1/4ビット イン ドライバー(インサイダードライバー)にする程度でしょうか(これで約50g 12mmのコンビ1本分の軽量化)。
あとは裏技として、12mmのコンビをギアレンチに変更して、トップから出ているクイックリリース機能付きの3/8アダプターをかまして、簡易ラチェットとして利用するという方法もありますが…。

とりあえず現在所有してるもので、"DR-Z400E用"としてこんなセットになりましたが、「もっとイイのあるぞー」って方は教えてくださいね!(オ~ォ、今日は長文頑張ったぞー)
[PR]
by yoshirally | 2005-08-19 22:11 | TOOL | Comments(3)

もとツール・ジャンキーが選んだ携帯TOOL

明日から2泊3日の予定で山形まで行ってきます(林道ツーリングです)。
とりあえず、3日間はブログ更新できませんのでご勘弁を!(ランキング下がるかな?)

今やっと携帯ツールの選別が終わったので、ついでに撮影してみました。
今回はちょっと遠出ですが、スパナをコンビに変更した程度でさほど普段と変わりありません。
だいたい写真をご覧になれば分かると思いますが、中央上のシルバーの筒はクイックスチール、
その右側はアメリカ製ダックテープ(粘着力が強力)の芯を抜いてペチャンコにしたものです。
その他には、エアーゲージとチェーンジョイントを持っていますが、並べ忘れちゃいました。
この中でのオススメは、やはりプロユースのT.S.K.タイヤレバーとライツールのモンキー(軽い!)、
スナップオン・プライヤー小(これは安いよ!)といったところでしょうか。
まあ、なにかの参考になれば幸いです(一応、輸入工具販売の経験ありですから~)。

では、行ってきま~す。
e0020287_2032158.jpg

[PR]
by yoshirally | 2005-07-30 00:00 | TOOL | Comments(4)

主役を食うツールたち?

バブル全盛のころ、“ニコニコ顔”で毎週やってくる「スナップオンおじさん」を心待ちにしてた。
確か水曜日、仕事そっちのけでウォークスルー・バンの中を漁りたかったけど、
「コレ!」と、決めたものだけを頼んで買ってた。
しかし敵もさるもの。必ず手に新製品やセール品を握ってニコニコ来店する。
結局そのニコニコ・ツール(?)とオーダー品をご購入。
赤い売り掛け帳の残高は増える一方だった。

携帯ツールのほとんどをピッカピカのスナップオンで固め、勇んで出掛けたビッグラリーの帰り道、
パリのホテル駐車場でそっくりそれは盗まれてしまった。
帰国後、更にツール・ジャンキー化して、ケースを含めて200万以上も浪費(?)した。
おまけにその3年後には、自らアメリカン・ツールの輸入販売も始めてしまった。

偏見かも知れないけど、KTMのM6軽量ボルトが50円程度。
杉田かおるの結婚じゃあるまいし、不釣合いはいがめないなぁ。
やっぱし、4輪モータースポーツのような、バブリーな世界がお似合いのツールかも…。

200万以上をつぎ込んだスナップオン、画像にある1/4セットを除いて全部売っちゃいましたー。
今は堅実に、コーケンなんか買ってますぅ。
e0020287_034595.jpg

[PR]
by yoshirally | 2005-07-08 00:10 | TOOL | Comments(2)

そろそろショップ・オープンの準備をはじめるかな!?

 これって爆弾発言でしょう?
冗談です。もう(?)日本じゃやりません。
今の形態を保ちつつ、後々はブラジルの田舎で珈琲栽培です。
立派なバックヤード・コースも作っときますから遊びにきてくださいね~って、
妄想3発目でした。ガンバろ!


e0020287_12201629.jpg





















▲バブルの残骸…。


[PR]
by yoshirally | 2003-07-28 12:19 | TOOL | Comments(0)

TOOLにこだわる!

 最近私は"STAHLWILLE"〔スタビレー〕に凝っている。
以前TOOLといえばやはり"SNAP-ON"〔スナップ・オン〕だと思っていたが、そのSNAP-ONも完璧ではない。各ツールメーカーによって特徴があり、得意分野もさまざまである。もちろん、SNAP-ON社の総合的なラインナップは素晴らしいが、ヨーロッパのツールメーカーも捨てたもんじゃない。見栄えはSNAP-ONにはかなわないが、質実剛健をコンセプトに開発されたヨーロッパツールの中でも、STAHLWILLE社のレンチ類はコストパフォーマンスに優れ、何よりも独特な「なし地仕上げ」が絶妙な手触りを生む。(油手で握っても滑りにくいと言う…)重量面でもかなり軽量で、ツールを腰に装備するわれわれライダーにとってはありがたい存在である。

 前回のセルトンエス参戦では、ラチェット・ソケット類をSNAP-ON、コンビネーションやスパナはSTAHLWILLE、ドライバーはスイスのPB、そしてモンキーはスウェーデンのBAHCO〔バーコ〕という豪華な組み合わせでセットを組んで参戦した(詳細については、「エクイップメントを考える…」をご覧ください)。

e0020287_227255.jpg



[PR]
by yoshirally | 2001-01-24 23:12 | TOOL | Comments(0)