禁断の園!? “クルー・バンク”

 最近、海外旅行ネタ(写真)をupすると、オフロード系以外の方が見に来てくださるようで、アクセス数がグ~んと跳ね上がります。みなさん、ありがとうございます。
気を良くして、今回はちょっと変わった「ネタ」をご紹介しますね!

 国際線の機内で、食事や免税品のサービスを終えたCAのオネェーさんたちが、その後いったいどこへ消えてしまうのか、疑問に感じたことはないでしょうか…?(私はずっと気になってました!)

 10時間前後の長いフライトでは、たいがい、食事のサービスと免税品の販売が終わると機内はさっさと消灯されます。ひと眠りした後、「のどが渇いたなぁ~」なんて思ってギャレーに行っても、通常1人か2人のCAさんしか見かけることができません。まさか、私服に着替えて空いた席でうたた寝を決め込んでいるCAさんなどいるはずもないでしょうから、きっと、機体のどこかに『CA専用の隠し部屋』があるに違いない(!)と、思っていました。

その入口が、ココです↓↓(B777-200の場合、エコノミー・キャビン右非常口付近)
e0020287_11323958.jpg
▲左側のカーテン奥は「ギャレー」です。その前のドアはトイレではなく、地下(床下?)にある『クルー・バンク』と呼ばれるCA専用の休憩室へ下りる階段があるので~す!!



e0020287_11335066.jpg
▲その階段がコレ!床下収納庫(?)みたいになってます。

e0020287_113441.jpg
▲階段を下りると、左右に8床くらいのベッドがあるそうです。

e0020287_11342228.jpg
▲幅80cmていどのベッドですが、横になって休めるのがうれしいですね!客室にもぜひ採用してほしいもんです。ヨットの狭いベッドみたいで、意外に熟睡できるカモです(笑)。

e0020287_11343923.jpg
▲こちらは、ボーイングのサイトで見つけた天井裏(?)に設けられた『クルー・バンク』です。垂直尾翼の下あたりにあるそうです。

e0020287_1135252.jpg
▲コックピット・クルー用も見つけました!B777では、操縦室の後方天井裏(?)に配置されています。さすが、コックピット・クルー用はスゴイですね。ゆったりと腰を下ろせる座席とベッド、専用トイレなども完備しています。


[PR]
by yoshirally | 2008-02-04 22:28 | TRAVEL | Comments(0)
<< ダカール・チョコ!? *・゜゜・*:.。..。.:*... >>