GARMIN GPS2 Plus をチョイスする。

 2000年のセルトンエスより、GPS(グローバル・ポジショニング・システムの略)の携帯が義務付けられた。そのことにより、GPSに関連する、電源・アンテナ・取付け、そしてPCとの接続や最も大切な使いこなし等々… 越えなければならないハードルがいくつも発生した。

 まずはじめに機種の選択だが、どうやら主流は「GARMIN」のようだ。「MAGELLAN」のプライスも魅力的だけど、スクリーンが縦表示というのが、どうもメーター周りへのレイアウト的に難しい気がする。ここはひとつ、米国価格約$200(並行輸入価格約¥30,000)の大枚を叩き、縦横表示が可能な「Garmin GPS?Plus」を選ぶことにする。ちなみにこの機種は、他の海外ラリーでも数多く使用され、非常に信頼性も高い。外部アンテナや電源の問題さえクリアすれば、ほぼベストな選択だと言える。なお、同メーカーには「GPS12」や「GPS12XL」等もあり、コストパフォーマンスの点でも非常に優れているマシンもラインナップされている。

 GPSの携帯義務でますます面白くなってきたラリー・セルトンエス。
これでこそ「ラリーレイド」、BAJAなどには無い魅力が感じられそうだ…。

e0020287_20582820.jpg



[PR]
by yoshirally | 2001-01-16 20:54 | ラリー・レイド | Comments(0)
<< ドイツTOURATECH社のG...