非日常への扉と至福の瞬間…

平日の昼下がり、スーツケースのキャスター音にある種の優越感を感じながら向かう日暮里駅。
意外にも、非日常への扉はこんなところから始まります。
目的はもちろん、京成スカイライナーに乗り成田空港へ向かうこと。

山手線から乗り換えると、明らかに違う車内の空気感と静粛性。
ガラス越しに見る、ホームのサラリーマン達がすでに別世界のよう。
発車と同時に、ゆったりとしたリクライニングシートを無造作に倒し、足元のフットレストを静かに下ろす瞬間(コレ最高!)。
約50分間、荷物パッキングでの寝不足を和らげる浅い眠りを繰り返し、京成成田駅に到着する。
もう、空港は目と鼻の先。
「このままのシートで、目的地まで行けたら幸せだろうなぁ…」と、いつも思う場所。
いくらラテン的自由人の私であっても、国際線のエコノミー座席は辛すぎるからね…。

最近、飛行機内がカプセルホテルのように仕切られていたら、どんなに幸せだろうかと思う。
爆睡と食事の繰り返し。たまに寝そべったまま小説なんか読んで、また寝返りを打って爆睡する。
きっと、地球の裏側までの旅も、苦にならないだろうなぁ…。
もうすぐ導入される、「エアバスA380」の客室がそうならないかと思う今日この頃です。


あまり本文とは関係ないブラジルの通貨"R$"「ヘアル」↓キャリーバッグを整理していたら出てきました。
今度このお金をポケットに突っ込んで出掛ける日はいつか…?
(私が初めて渡伯した当時から比べると、すでに20円ほど円安になっています。1ヘアル=約50円)
e0020287_12321769.jpg

ブラジル紙幣の一部に、オセアニアや東南アジアなどでも使われている「プラスティックのお札」があるんですがどうも見当たりません。本当はそれを撮りたかったんですけどね…。
[PR]
by yoshirally | 2005-09-29 02:35 | TRAVEL | Comments(3)
Commented by togacis at 2005-09-29 23:42 x
「エアバスA380」って、あの2階建てのうすらでかいヒコーキですか?
最近ヒコーキ乗ってないな〜。
この何日かpharaonのiriTrackを仕事中にチラチラ見てるのですが、
最近の「非日常」は仕事中に机の上でも見れるっちゅーか、
あれじゃ行方不明にもなれないっちゅーか、
見る分には面白いし、すごいことなんだけど、管理されすぎのような。
まあ、走ってる本人はカンケイないですよね。
砂漠が厳しく、ロマンチックなのは変わらないから。
Commented by yoshirally at 2005-09-30 00:24
iriTrackオモロイですよね!
日本人選手とGAVARDOとかCOMAと競争(?)させたりなんかして。
すんげー時代になりました。でも、行方不明にならないのは、ある意味
見てる方も走ってる方もちょっとドキドキ感に欠けるなぁ…(不謹慎)。
Commented by yoshirally at 2005-09-30 00:51
「エアバスA380」それにしてもカッコ悪い機体です。
空を飛ぶものは、カッコよくなければならないと思うんですが。
でも、乗ってみたいなぁ…。
クラスはもちろん「カプセル」にしま~す !?
<< "EOS 5D&qu... フォトギャラリー更新中! >>